メンコ_ナビ男の競馬録

(出典:お馬の写真) 

メンコとは競走馬の顔や耳を覆う馬具の一種です。画像で「?謎?」と書いてある部分にあたります。

みなさまは競走馬たちのメンコに疑問を抱いたことはありませんか?

なぜしているのか、耳や目まで隠れているものなど種類も様々でおしゃれの一種なのか。今回はその一つ一つを解説していきます。

 

メンコの役割

競走馬がメンコを装着する理由は主に3つあります。

①耳を覆うことで防音の効果があり、音に敏感な競走馬を落ち着かせる

馬はもともと草食動物のため臆病な性格をしています。なので天敵である肉食動物に襲われた時にすぐに逃げ出せるよう音には非常に敏感です。

レース前のパドックやゲートの開閉音などで興奮して余計な体力を消耗してしまうことを避けるために使用することがあります。

しかしメンコを装着することにより、周囲の音が聞こえにくいことで競走馬が不安を感じてしまい、逆効果になってしまうこともあります。メンコが不利に働くリスクを考えて、陣営側はメンコの装着を行うかを決めます。この選択がレースの勝敗を分ける可能性があるので、最善の注意が必要ですね。ちなみにメンコの耳の部分を耳覆いと呼びます。

 

②レース中に前を走る競走馬の蹴り上げた砂が顔にかかるのを防ぐ

音に敏感でない競走馬でもレース中に砂が顔にかかることを嫌がることがあります。そのために走る気をなくしてしまうことを防ぐためにメンコをつけるケースがあります。その場合、耳覆いがないメンコを使用します。耳覆いがないメンコは鼻頭呼ばれています。

余談ですが障害競走でメンコをする場合は、飛越時にずれて前が見えなくならないように目の周りが大きくなっています。

 

③お洒落さんになれる

最近では勝負服や他の馬具に合わせたり、厩舎オリジナルや馬の名前に合わせているメンコもあります。こだわりのあるメンコが増えてきて、見ている側もレースだけではなくファッションチェックも楽しみのひとつになりつつありますね。

パドックのざわつきを嫌ってパドック中のみメンコを使用することもありますので、パドックでは好きな馬の普段見られない姿が見られるかもしれませんよ。

厩舎で特徴的なメンコをいくつか紹介します。

カレンチャン_ナビ男の競馬録

(出典:Specialな好日。) 

安田隆行厩舎のメンコは黒地に金色のマークが中央に刻まれています。このマークが安田隆行調教師のイニシャルであるT.Yをかっこよくデザインしたものだそうです。教えてもらわなかったら絶対に分からなかったと思いますが(笑)

スプリンター女王のカレンチャンが装着していると最高にかっこいいです。

 

サダムパテック_ナビ男の競馬録

(出典:競馬写真PLUS) 

西園正都厩舎では水色に赤色の大きな星が描かれた派手なメンコを使用しています。派手なデザインには理由があり、遠くからでも管理馬が確認できることだそうです。見た目が特徴的だと見ている側も覚えやすいのでファンを作りやすいですよね。また星のマークの意味は蝦夷の開拓団のシンボルをモチーフにしているそうです。

 

メンコと馬具

顔に装着できる馬具はメンコ以外にもたくさんあるけど、その違いがイマイチわからない。そんな人のためによく見かける馬具を紹介します。

 

ブリンカー

メンコの目穴の部分の周りにカップをつけ、視界を遮ることでレースや調教に集中させるためのものです。また遮眼革とも呼びます。

ブリンカー_ナビ男の競馬録

(出典:霧野商店作業日報) 

メンコとブリンカーは間違われやすいですが、役割が大きく異なっています。メンコは音と砂からの防御でしたが、ブリンカーは視界を遮る役目をしています。

目の周りを天然ゴムやプラスチック製のカップで覆うのですが、競走馬によってカップの深さが異なっていて、中には片側しか装着しない馬もいます。

ブリンカーのみ、馬具の中で出馬投票時の届出が必要となります。届出をしたにもかかわらず、装着せず出走してしまった場合は、「道具忘れ」として調教師にペナルティが科せられてしまいます。

出走表でよく見かける