録画しておいた『プロフェッショナル仕事の流儀』の横綱白鵬特集を観た。
大鵬の優勝回数を超え、目標を見失った横綱の姿が描かれていた。

頂点を究めた偉人の空虚感は凡人に理解することはできないけれど、
平々凡々のサラリーマンでも30歳くらいで目標を失ってしまい、
モチベーションが湧かない人は意外に多いのではないだろうか。

私も20代の頃は仕事を通して自分が成長することが面白く、
当時は私の周りも同じような気持ちの人が多かったように思える。
ところが30代になると、管理職になり自分で手を動かすことが20代の頃より
極端に減ってくる。お給料の上昇率も20代の頃のような角度はない。
はっきり言って、仕事なんかしなくても業務は回る。
エスカレーションされたものだけこなせば、後は予算なり進捗をエクセルや
Webツールで管理して、会議で偉い人に報告していればいいのだ。

30代はコストパフォーマンス的には最高だろう。
業務量は20代の半分で、お給料は20代の倍だ。
30代の多くは結婚して家も買って子供もできて、なんとなく幸せなので
これ以上、頑張らなくても良いんじゃないかという意識が芽生えのかもしれない。
私の周りも育児休暇をとったり、サラリーマンを辞めてフリーランスをしつつ
大学で研究生活を送るなど、働き方を変えた男性もいる。
いずれも20代の頃はワークアンドワークだった人々だ。

仕事一辺倒ではなくなったのはワークライフバランスといえば聞こえがいいが、
実は仕事に対するモチベーションが保てないのも原因かもしれない。

もちろん、このままでは良くないと思っているので、なんとか仕事に対する
情熱を抱ける方法を考えている。